リレンザのメリットデメリット

リレンザは新型インフルエンザ治療に効果がある薬と言われ、薬のタイプが吸入タイプです。
使用方法は、1日2回で5日間服用する必要があります。
肝心な効果としては、インフルエンザ発症後48時間以内に使用することによって、発症期間が短縮されると言われています。
B型インフルエンザには、特に早く効果が出ると報告されています。
使用するメリットの1つが、子供にも使用が可能な点です。
リレンザ以外にもインフルエンザ治療薬として、代表的な薬はタミフルなどがありますが、それらには使用するための年齢制限があります。
しかし、リレンザには年齢制限が無く、さらには予防薬としても効果があります。
2つめは、インフルエンザウイルスは、喉の気道などの粘膜でウイルスを増殖させます。
その場合に、吸入タイプの薬でしたら、直接薬をウイルスがいる部分まで届けることが可能です。
その結果、内服薬と比べて即効性も高く、体に対する負担も少なくて済みます。
しかし、デメリットもあります。
インフルエンザ予防のため、感染を避けるために常に使用し続けなければいけない点です。
しかも、1日に2回の吸入で5日間続けなければいけませんので、非常に手間がかかります。
また、他の内服薬をこれまで使用し続けて来た方は吸入タイプの薬は、最初の頃は戸惑う可能性があります。
その他には、デメリットはありません。
使用の際の副作用も、下痢や嘔吐、発疹などがありますが、副作用が出る可能性はあまり高くありません。
ですので、安全性では高いと言われています。
以上についてが、リレンザのメリットとデメリットについてです。
リレンザは吸入タイプの薬ですので、内服薬に比べて使用する方は少ないですが、予防効果の面でも優れています。

▼話題になったインフルエンザ関連事項
タミフル 異常行動